バレエの誕生 1533年、イタリア、フィレンツェのメディチ家からフランス王室に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスによりバレッティ(Balletti)がフランスにもたらされ、バレ(Ballet)と呼ばれた。1573年「ポーランド人のバレエ」(演出・振付:ボージョワイユー)が初めてバレ(Ballet)と称している。1581年の「王妃のバレエ・コミック」(演出・振付:ボージョワイユー)は、完全な記録の残っている最初のバレエ作品である。これらをかわきりに、バレエは宮廷において盛んに踊られるようになり、16世紀末から17世紀初頭の20年間で約800のバレエが上演されたと言われる。 1643年、ルイ14世が5歳でフランス国王に即位した際には、数時間にも及ぶ豪華絢爛なバレエが催され、ルイ14世自らが出演した。ルイ14世はバレエに熱中し、1653年15歳の時に『夜のバレエ』で本格的に舞台デビュー。よりバレエの質を上げようと1661年に王立舞踏アカデミーを創立した。ルイ14世の舞踏教師ピエール・ボーシャンによってポジションが定められ、舞踏符が確立されるなど、バレエがダンスとして体系づけられたのもこの頃である。 宮廷から劇場へ 1670年にルイ14世が舞台から引退すると、バレエは宮廷から劇場に移り、職業ダンサーのダンスに変化していった。翌1671年、オペラ座が設立(当時のバレエはオペラと一体であった)。1681年、『愛の勝利』で最初の女性ダンサー、ラ・フォンテーヌが劇場に登場し、18世紀に入るとマリー・カマルゴ、マリー・サレなど女性職業ダンサーが続々とオペラ座からデビュー。宮廷バレエでは男性ダンサーが中心だったが、1726年、マリー・カマルゴが男性のみの技法であった跳躍をし、女性ダンサーが人気を博するようになった。 同時に、1700年に最初のバレエ教本、フイエ『舞踊術、あるいは記号、絵、記号による舞踊記述法』が出版され、1713年にはオペラ座にバレエ学校が創設されるなど、バレエ教育が確立。バレエの技法も複雑化していった。1760年、ジャン=ジョルジュ・ノヴェールが『舞踊とバレエについての手紙』にてバレ・ダクシオン(ballet d'action)を提唱した。これにより、バレエはオペラから独立し、台詞のない身振り(ミーム)による舞台演劇として確立した。

ここまで出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さあここからは日記っぽい記事を。

今日のお昼ご飯、何にしようかなと迷っています。 風邪をひいた娘用にお粥を作っているので、面倒だからそれでイイかな?なんて。 誰かに食べさせるとなると栄養バランスなどをちゃんと考えて作るのですが、自分だけだとなんでもイイヤ!という感じになってしまうんですよね。 あまり食に執着がないので、多分一人なら一週間ご飯と納豆だけでも平気な人だと思います・・・(汗) まぁ面倒なのは別にしても、たまにはお粥もいいですよね、美味しくてヘルシーですし。 炊飯器で炊くお粥はなぜか全然美味しくないのですが土鍋で炊くと美味しいです。 ちょうど先日美味しい梅干を頂いたので、梅干を味わうのにお粥にするのも良いかもしれません。

ちなみに今日は娘はまだ熱があるので、卵や野菜を混ぜない白粥にしました。 我が家では熱があるうちは白粥、熱が少し下がってきたら卵や野菜を混ぜる、ぶり返さないようなら果物も食べさせる、と言う流れです。 何となくですが熱がある内は胃腸が弱っていて吐きやすいので、消化の良い白粥と梅干でサッパリ食べるのが良いかな?と。 栄養が心配と言う考えもあると思いますが、普段しっかりと食べていれば数日間お粥のみだって問題ないと私的には思っています。 流石に1週間もお粥のみと言うのはダメでしょうが、酷い風邪でも3日も寝ていれば熱は下がって来ますしね。 徐々に熱が下がって来たら胃腸も回復して来たかな?と思うので卵や野菜を混ぜてみます。 それで吐かず、熱も順調に下がっているようなら果物もOK。

風邪をひいた時って最初から果物を与えがちですけど実は果物って吐きやすいんですよね。 これは以前風邪で病院へ行った時にお医者様から言われた事です。 特に子供は風邪で胃腸が弱りやすいので果物を食べると吐きやすいのだとか。 果物も最初は缶詰で、ほぼ元気になったら生の果物、と言う風にしています。 と言っても私の食べさせ方が正しいかは分からないのですが、取り合えず風邪をひいても吐かなくなりました。 吐くのは本人も辛いでしょうし、体力も消耗するので出来るだけ避けたいと思っています。 私も子供の頃は風邪をひいて吐くのが一番イヤでした。 吐いてしまうと気持ち的にも落ち込んでしまうんですよね。 ただ例えば感染性胃腸炎なんかでは、一度吐いて胃の中のウイルスを出してしまうのは良いそうですよね。 あとは吐き気止めを飲んで体力の消耗を抑え、水分補給に勤めながら悪いものは下痢として出してしまうのが良いとか。 感染性胃腸炎も今流行っているそうなので十分に気をつけた方が良さそうですね。

風邪をひいた時って看護師さんにお世話になるとすごい仕事だなあと思ってしまいます。保健師さんってもっと上位資格らしいですよね。 最近は産業保健師なる言葉も出ていて、看護師・保健師業界もすごく崇高な仕事になったなあと実感しますね。